安くなった投資信託

金融危機で投資信託がだいぶ安くなりました。ここで、安い今のうちに買い足すのがお得なのか、悩んでいる方いませんか?実際、どうしたらいいのでしょうか。

安くなった投資信託を買い足すかどうかは決して思いつきで行動するのではなく、しっかサブプライムローンの影響を受け、大きく資産を減らしてしまった人が、安くなっている今のうちに同じ海外REITを買い足すというのは、ちょっと待った!という感じです。

資産の中でREITの比率がまた増えてしまい、REITが持つリスクの影響を受けやすくなってしまいます。買うとすれば現在、自分が持っていないもの、少ないものです。自分が持っている株式投資信託とは違う株式投資信託を買うということではなく、日本の株式投資信託を持っているなら、今もっていない外国の債券の投資信託を買う。

というように、種類の違うものを買わないと分散にならないので、買う時期を何回かにわけて1年~2年くらいかけて理想的なポートフォリオを作りあげ、長期投資で臨むのがよいと思います。

少ない資金で始めるFX(証拠金取引)

1000通貨単位のFX
FXでは、スワップポイント(スワップ金利)を複利で運用することが可能です。その場合、スワップ金利を再投資しますから、1000通貨単位から取引できるFX業者に口座を持っておくことがポイントです。
FXの複利運用と金利計算
スワップ金利を単利で運用するのと複利で運用するのとでは大違い。少ない資金・小さなレバレッジでも複利運用すれば、外貨預金よりもダンゼンお得です。複利運用の計算をして最適な運用計画をたてましょう。

HOME > 安くなった投資信託